現在のカゴの中

商品数: 0点

合計: 0円

カゴの中を見る

2016年10月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2016年11月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

グッドプラス キャストポット製品について

【ご使用前にご確認ください】

■初めてご使用になる前に鍋本体や取っ手・つまみにぐらつきやひび割れの不具合、極端な汚れがないことをご確認ください。

■初めてご使用になる時は、中性洗剤をスポンジにつけて、よく洗ってからご使用ください。

■シーズニング(ならし)によってサビ防止になります。

  • ①製品をよく洗ってから充分乾燥させてください。
  • ②食用油をキッチンペーパーに付けて鍋の内側に塗り広げてください。
  • ③油が焦げ付かないように弱火で1分ほど過熱し鍋肌に油を馴染ませてください。
  • ④熱が冷めたら余分な油をキッチンペーパーで拭き取ってください。

■品質には万全を期していますが、万一不具合があった場合は、ご使用前にお買い求めのお店または弊社までお問い合わせください。

■ひとつひとつ手作りのため、ホーローがけの際、多少色ムラや気泡による小さな穴、小さな鋳物片の粉、内面にホーローとび等が付着する場合がございますが、使用上には問題ございません。
ホワイトカラーの製品に薄く小さな黄色の点が生じているものがありますが、ホーローの焼き付けの際に生じるもので、使用上には問題ございません。

商品事例

【ご使用上の注意】

■加熱調理中・調理後は鍋本体や取っ手・つまみが熱くやけどの危険がありますので、鍋つかみ等を使用し充分注意してお取り扱いください。特に幼児の手に触れることのないようにご注意ください。

■火加減は中火もしくは弱火でご使用ください。電磁調理器のご使用の際は、スタートと同時に急激に温度上昇する機種もございますので、ご注意ください。

■電子レンジでは使用しないでください。

■業務用オーブン(700℃以上になるもの)でのご使用はできません。

■空焚きはしないでください。火災や本体の変形・破損や、やけどの原因となります。

■炒め物などで熱くなった鍋に冷水を注ぐ・冷凍材料を入れるなどの急冷はおやめください。急激な温度変化はホーローが割れる原因となります。

■ご使用時にはコンロの中央において、炎が底面より大きくならないようにしてください。

■天ぷらや揚げ物など油を使用する調理の際は縁まで油を満たした状態での使用は避けてください。また、調理中は蓋をしないでください。油の温度が異常に高くなり発火して火災の危険があります。

■縁まで水等を満たした状態で使用しないでください。

■スープや煮物を混ぜる際は、ゴムベラか木杓子をご使用ください。金属性や突起のあるものは、表面を傷つける恐れがあります。

■高いところから落とす等、急激な衝撃を与えないでください。ホーローはガラス質なので割れる恐れがあります。

■調理物を本体の中に入れたまま保存しないでください。サビの原因となります。

■取っ手・取っ手取り付け部のひび割れ、変形でのご使用はしないでください。

【ご使用後のお手入れ】

■スチールたわし、クレンザー等を使用しないでください。ホーロー面を傷つける恐れがあります。

■こげついた場合、ナイフ等でこすらないでください。お湯に浸して柔らかくした後で、ていねいに取り除いてください。中性洗剤を含ませたスポンジでの手洗いをおススメしております。食器洗浄機の使用は可能ですが、他の食器類との洗浄は食器類が破損する場合がございますのでご注意ください。また、研磨剤や漂白剤が入っている洗剤は使用しないでください。

■フタと本体の接地面、フタとつまみのネジ穴部分はサビやすい箇所です。水気が付いたままですとサビが発生する場合がありますので、水気を充分に拭き取り、黒い部分に食用油を塗っておくとサビ止めになります。また、サビが発生した場合はスポンジに中性洗剤をつけて洗い、サビを落として充分乾燥させてから食用油を塗ってください。被膜となってサビが出にくくなります。鉄鋳物ホーロー鍋の特性としまして、お手入れによってはサビが発生する場合がございますが、不良品ではございません。ご了承願います。

■ホーローはガラス質のコーティングです。外面、内面ともホーローが破損する場合があります。主な原因としまして、強火力、空焚き、焦げ付き、急激な温度変化、金属ツールやスチールたわしの使用、落下や物をぶつけたりの衝撃によりキズ、剥がれ、欠けが生じます。

ホーローが欠けた部分は鉄鋳物がむき出しの状態ですので、水分が付着したままですとサビが生じる場合があります。鋳物部分に食用油を塗っておくと、被膜になりますので、サビは出にくくなります。また、万が一サビが生じた場合でも鋳物から出るサビは鉄サビですので、体に害はありません。

ホーローが大きく破損しますと非常に鋭利な状態になる場合がございます。大変危険ですので、ご注意願います。

商品事例

■製造工程上、弊社では修理やメンテナンスをおこなっておりません。

■その他、キャストポットの使い方やトラブルなど何かございましたらご相談ください。

株式会社グッドフェイス
〒333-0811 埼玉県川口市戸塚2-21-31-2F
TEL:048-290-5535 (月~金曜 10:00~17:00 祝日・弊社休業日を除く)